blog index

幸福な我が家の海外赴任

お料理ブログだったんですが・・・。
突然の海外赴任の話と同時に妊娠が判明。
どうなることやら、ドタバタの海外生活をつづるブログに変身します。(あまりにもドタバタしすぎてるので更新はゆっくりだと思いますが・・・)
<< 白菜ロール | main | マドレーヌ >>
マロングラッセの作り方 改訂版
前回、マロングラッセの作り方を力説したのは記憶に新しいのですが・・・。
正直な話・・・ やっぱりアレはちょっと失敗でした彡(-_-;)彡

ヤフーでもMSNでも検索画面で「マロングラッセの作り方」と引くと1ページ目に出てきていたので気分が良かったのですが、これじゃぁいけない・・・^^;
リベンジしてうまくいったほうの作り方を載せておかなくては・・・。

というわけで、再びお付き合いください!

でも、作り方が大きく変更になったというよりも、基本一緒でちょっと工夫を加えました(*^_^*)
(ここ、前の記事読んで、再び見に来る人いるんだろうか・・・?)

まぁいいやww

今回用意したのは、「岸根」(がんね)という種類の栗で、時期的にはわりと後半の栗になります。
渋皮についている毛がちょっと多目で、渋皮自体も薄めかな?
だから傷つけずに皮を剥くのがとても難しいです。
栗の味はしっかりしていて、銀寄と比べると断然マロングラッセに向いていると私は思いました。
来年からは、我が家では絶対に岸根を使おうと思っています。



今回の産地は、山口県は岩国 錦川森林組合というところから直接お取り寄せです。
1キロ1000円で3キロ・5キロ・10キロ箱で買えます。

栗は前回と同じように、お尻から実を傷つけないように丁寧に剥きます。
そして、鍋に入れてたっぷりの水で火にかけるわけですが、ここで最初の改良点!

★火の強さを少し強めにすること
前回は弱火で1時間と書きましたが、栗は最初の1〜2回ですばやく芯まで火を通すことによって、仕上がり後の縮みを防げるそうです。
私の場合、ここで弱火にこだわったために縮む栗をたくさん出していたと思われます。
もちろん、栗が暴れるほどグツグツ煮て煮崩れさせるのはダメです。
ほどほどに。



★第2の工夫
2回目の水替えの際、栗の表面を丁寧に指の腹で洗いました。
洗うというか、栗の表面の産毛や筋を丁寧に取り除いたんです。おそらくこれをすることで、その後のあく抜きにかける時間を大幅に短縮することが出来ると考えられます。



産毛を取って、すっかり色白になった岸根さん。まだまだ、白濁したアクが出ます。
この後、白濁が取れるまで水換えしながら煮てアクをとります。

★火の加減は弱火ですが、時間についてはアクがしっかり出てるならどんどん換えちゃっていいです。
30分くらいで弱火でも再びグツグツしてきます。


最初の頃にやった、一手間のおかげで水換えしたときの水の澄み具合が前回とは比べ物にならなくなってきました。

あく抜きを止めるタイミングは、アクが白濁していないこと。
水色が小豆色で澄んでいること。
今回は10回くらいで、「まぁいいかな」というぐらいまで行きました。



さて、いよいよまた砂糖を入れて最後の仕上げです。
ここでも1つ注意

★砂糖は1度に入れず、何度かに分けて入れること。

水は栗にかぶる程度を入れ、さらに砂糖を入れると水位はグッと上がります。ゴクゴク弱い火で、今度こそゆ〜〜〜〜〜っくりと煮詰めていきます。ちょっと水位が下がったら、砂糖を入れ、また下がったら・・・以下繰り返し。
水が栗を覆っているうちに砂糖は入れ切ってしまいます。
砂糖が全部入ったら、ひたすら煮つめます。

どこまで煮詰めるのか?

★水位が鍋の半分くらいになるまで
だいたい3時間くらいかかりました。

後は一緒です。
粗熱をとって、ブランデーを惜しげもなくかけてふたをして待つ。
よく冷めたら、密閉できる容器に入れて冷蔵庫に保管しましょう。



今回は2日目にはすっかりマロングラッセになっていました。
そして、写真の左は最初に作ったマロングラッセ、右は今回作ったマロングラッセです。
栗の種類も違いますが、なんとなく栗のホッコリ加減と染み具合が違うと思いませんか?
味は、申し分なく、縮みも激減しました。

マロングラッセ作るなら・・・
★栗は岸根をつかう
★最初はしっかりすばやく火を通すこと。
★周りの産毛や筋の処理は丁寧に、早めに行う
★砂糖は何回かに分けて入れること。水はひたひた

以上 マロングラッセの作り方 改訂版でしたww

| uzuyone | おやつ | 21:13 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
栗の時期になり、マロングラッセの作り方を検索してて、一番にでていたので、いろいろと工夫されたことを、教えてくれて本当にありがとうございます。
これから、栗の皮むきにとりかかります。
どんな出来になるか?頑張って見ます。
| 葉月 | 2008/09/15 6:35 PM |
ご挨拶が、後先になりすいませんでした。
はじめまして、お世話にまります。
マロングラッセ、本当に参考にさせてもらい、
どうにか、出来上がりました。
わが工夫を、ひとつ
ことこと煮込まず、ふたのできる発砲スチロール(りんごが入っていた)に、新聞紙を何日か分を敷き詰めて、
始めから2回と、渋皮のひげ等を、取り除くまでは、参考させてもらいました。
それからの、1時間ごとは、水を替えてから、さっと沸騰させたところで、蓋をして、発砲スチロールの中で、約1時間を、繰り返して
水が透き通るくらいで、砂糖を入れてからは、ことことと約3時間くらいこれは、参考にしました。
ブランデーも参考にして、どうにか出来上がりました。
本当に有難うございました。
| 葉月 | 2008/09/17 6:32 PM |
作り方教えてくださりありがとうございます。初めて作ります。今皮を剥き湯がいているところです。失敗しないように頑張ります。
| chitanmama | 2008/09/29 5:31 PM |
マロングラッセのつくりかた とても参考になりました。どうもありがとうございました。お礼にとっておきの情報を。栗を山口県からお取り寄せということですがご存知でしょうか?山口県の長門市というところに二尊院というお寺さんが営んでいる売店があってそこの栗がまぁ実に見事です。もちろん住職さんが作った栗だそうで種類こそわかりませんがパンパンに実の入ったまんまるの栗ばかりです。私は今まで茹でた栗しか食べなかったのですが味も素晴らしいです。以前観光で行った時に買って帰って虜になりました。値段は時期と大きさによってことなりますが沢山買うと安くしてくれます。また、その場所は中国の楊貴妃にちなんだ伝説が残る場所でとても素敵なところです。この度はマロングラッセ用にと注文すると実入りのいい栗ばかりをより分けてくれました。一度購入してみては?
| 小島やよい | 2008/10/12 12:55 AM |
マロングラッセのつくりかた とても参考になりました。どうもありがとうございました。お礼にとっておきの情報を。栗を山口県からお取り寄せということですがご存知でしょうか?山口県の長門市というところに二尊院というお寺さんが営んでいる売店があってそこの栗がまぁ実に見事です。もちろん住職さんが作った栗だそうで種類こそわかりませんがパンパンに実の入ったまんまるの栗ばかりです。私は今まで茹でた栗しか食べなかったのですが味も素晴らしいです。以前観光で行った時に買って帰って虜になりました。値段は時期と大きさによってことなりますが沢山買うと安くしてくれます。また、その場所は中国の楊貴妃にちなんだ伝説が残る場所でとても素敵なところです。この度はマロングラッセ用にと注文すると実入りのいい栗ばかりをより分けてくれました。一度購入してみては?
| 小島やよい | 2008/10/12 12:57 AM |
葉月さん>>
お返事がずいぶん遅くなりすみません。
素晴らしい工夫をされたんですね。
葉月さんの方法は、栗の煮崩れも減るし、経済的にも環境的にも素晴らしいです。
私も魔法瓶タイプの鍋を持っているのに、全然気づきませんでした。
次に作るときには、ぜひ試してみたいと思います^^
して、お味のほうはいかがだったでしょうか?



chitanmama さん>>
いかがでしたか? うまくいきましたでしょうか?
自分がおいしいのはもちろん、家族や友達に喜んでもらえると、本当に幸せな気持ちになりますよね^^


小島やよいさん>>
貴重な情報ありがとうございます。
長門は何度か行った事があります。二尊院は私は知りませんでしたが有名なお寺ですか?
いつかぜひ行って見たいと思います。
マロングラッセのできはいかがでしたか?
あの大変な栗ムキを乗り越えて、おいしいマロングラッセが出来たときの達成感はなんともいえませんよね^^
| よね | 2008/10/14 12:18 AM |
お返事ありがとうございます。ご無沙汰しています。
今年も、また、栗の季節になりましたね。昨日、栗を頂いたので、また、マロングラッセに、挑戦しています。
昨年は、本当に参考にさせてもらい、うまく出来上がり、家族にも、友だちにも好評でした。
今年は、皮むきを丁寧に(渋皮をやぶらないように)剥いています。
発砲スチロールを使っています。
ブランデーを買ってこなければと・・・
本当に有難うございます。
| 葉月 | 2009/09/08 2:31 PM |
渋皮に剥いた栗をいただいたので、マロングラッセにしてみたい!すわ・・・作り方は?・・・ということでアドバイスを参考にさせていただいて作ってみたいと思います。あく抜きから煮込み、寝かせと、そんなに手間隙がかかるとは知りませんでした。ただ火にかけて後はほっとけばいいのかと・・・甘かった・・・( ┰_┰) シクシク・・・がんばってみます。ありがとうございました。
| mayugejimayu | 2009/09/18 9:06 AM |
こんにちは!始めまして。マロングラッセただいま挑戦中です。このページにこられましたよ~。ところで、私は鬼皮を剥くとき、剪定ばさみ(ペリカンのくちばしみたいなやつです)で剥きます!はさんだままムキ~と出来るし力もいりません。でもスイス製は見つけることが出来たらためしてみたいです!
| もも | 2014/09/28 2:47 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://oryouri.degus.jp/trackback/399585
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ